本文へスキップ

大切なつながりのために。RFT心理学でお伝えしたいこと

「感情に巻き込まれる」方へ

「感情に巻き込まれる」方々は、ご自分の行動や言動に、不安を伴う面があると言えます。


例えば
「A子さんは、友達と話す時、相手の話題が中心です。A子さんが自分の話をしようとしても、友達の話題を優先して、自分が入る余地がない気がします。」

○誰に対しても、コントロールしたい
○誰かにコントロールされると従いながら、反発する
○自分のしたいこと・言いたいことを、誰かに否定される・否定される気がする
○自分が誰に対しても、相手優先の立場を取ってしまう


 ⇒ 詳細は、『RFT実践コース』でお教え致します。




「感情に巻き込まれる」方の性格の傾向

基礎編

「感情に巻き込まれる」方は、ご自分では「感情的」な面を隠していると思いがちですが、多くの場合は、何かしらのタイミングで、つい他の方に当たってしまいがちだと思われます。

他者との関係性を、比較的、良好に保つこともあるため、他者から、温和・友好的・面倒見が良い・世話好き、などの評価を得ることもあり得ます。



「感情に巻き込まれる」方は、ご自分が、感情を感じることに対して、否定的な側面を持ちやすいので、ご自分に「感情が沸くのは当然だ」と繰り返し、伝えてあげて下さい。




「感情に巻き込まれる」方へ

基礎編

『RFT実践コース』では、「感情に巻き込まれる」タイプの方にも、ご自分で、心理セラピー「RFT」を用いて緩めたり・解消する可能性をお教え致します。

また、心理セラピー等を使わずに、緩めたり・解消する可能性の仕方をお教え致します。



『実践のためのRFT心理カウンセラー養成コース』(『RFT実践コース』)は、
心理カウンセラー・心理セラピストとして開業されている方、これから開業される方、または、開業はされなくても、ご自分や周りの方のために、何かしらの手法を知りたい方など、
どなたでもご参加頂けます。




店舗写真

informationニュース

2023年春頃から『実践のためのRFT心理カウンセラー養成コース』が始まります。募集開始は2023年1月始めの予定です。初回は3名程度を予定しております。皆様のお申込みをお待ちしております。