本文へスキップ

心の秘密”ビリーフ”をお伝えするRFT心理学

お心の悩みに

お悩み1

心の悩みを解消するために、していることは何ですか?

心の悩みの解消について、お話しさせてもらいます。

私たちは自分の心を解消するために様々な方法を取っています。誰かと話したり、誰かを呼び出して一緒に過ごしたり、自分の趣味をやったり、誰にも知られない秘密の時間を過ごしたり、というように自分の心のケアを意識的に行っています。私たちの心はどのようになっているのでしょう?
自分のために行っている心のケアは、自分をリラックスした状態に戻すための意識的に安定する方法と思います。

私たちが日頃、おこなっている方法の幾つかは、かえって自分をリラックスと反対の状態にしてしまうものがあります。その方法は、例えば友達に話しを聞いてもらって落ち着いた気になる、周りの人を自分の聞き手にする、自分だけの世界に引きこもって時間を過ごす、など。
それらのどこが、自分をリラックスと反対の状態にしてしまうのでしょうか?

私たちが誰かに話しを聞いてもらう時、心の中では、相手の表情を読み取ったり、相手の振舞いや言葉や雰囲気から自分をどう思っているか、知らず知らず理解しようと思考(考え)が働きます。思考(自分の考え方)は相手の表情などに合わせた話しをして、自分の理解者にしようとします。その時、私たちの内側は大忙しです(笑)

自分の考えに合わせてもらうために相手の気持ちを読み取ろうとするのです!!スゴイです(笑)相手の表情から、相手の考えを読み取れますか?読心術じゃないのに。相手の表情が曇っていたら自分を理解出来ていないと考えるのが自分の思考(捉え方)ですよね?自分はつらくて悲しくて話しを聞いてもらって慰めてもらいたいのに、そんな時に相手の表情から心理術師になって気持ちを汲み取って、自分の話しを理解してもえるように話しを組み立てて、もう最後は何でも良いから自分が望む言葉をかけて!と言いたくなりますね(笑)

私たちの気持ちを考えると、自分のことを分かっていると思うのが当然のことのように思います。自分が自分をケアすることの難しさは、自分の心の状態が分からず、どうすれば解消できるのか、自分で理解が出来ていないからです。説明をするために、もう少し書きたいのですが、ストレス発散法はここまでとさせて頂きます。自分のことを理解して、見えない気持ちを自分で確かめてはっきりしない状態で、自分をリラックスさせようとするよりも、または誰かと共に体を動かして、自分の気持ちを散らしたり、何かを使って体の状態を変えたりするよりも、軽くトントンとタッピングしながら、気持ちを解消するRFTがお勧めです。

心の悩みについて、何となくぼんやりと自分の言えない言葉を内側に溜め込んで、解消の仕方を見つけられないまま、溜め込んだストレスが溜まっているかのように広がっているのが内側です。知らない内に自分のストレスで自分をしばる生き方は、かえってストレスを溜めるだけなので、“ビリーフ”のケアをして頂きたいと思います。
それでは、私たちを守る本当の“ビリーフ”の役割をお伝えしたいと思います。

私たちの心の「秘密」については、サイトでご紹介しています。「心の模様」をご覧下さい。


悩みの質によるセラピーのあり方

お悩み2

人の心には、いくつもの悩みの段階があると思います。悩みの質によっては、セラピーが効く時と効かない時があります。

悩みの質のいくつかをご紹介します。
〇相手を嫌ったり、相手を憎んだりすることを止められない
〇自分を責めて、強い“感情”の支配を感じる
〇誰という相手がいるわけではないのに、辛い
〇自分のことを話そうとすると、体に緊張感を感じる
〇自分を誰かに合わせていなければ、居ても立ってもいられない。
○自分が思ったことを、言えない。
○自分よりも他の人の方が□□だと思う。(良く思える)
○自分よりも他の人の方が△△に見える。(良く見える)
○自分よりも他の人の方が○○と思えて、△△したくなる。(良く見えて、拗ねたくなるなど)
○相手のことを考えると心臓がバクバクして顔がほてる。
○相手に言われたくないことを言われると、頭にくる。
○相手の態度が気に入らないと話しもしたくない。など。
こういったお悩みにセラピーは効果を発揮しやすいと思います。

●相手に対して、強い怒りを感じて殺したくなる
●相手を憎む気持ちに陥って、相手を自分の主張に合わせたくなる
●相手が自分を大事にしてくれないと思うと、相手を捨てたくなる。自分を否定する相手の気持ちを傷つけるために、相手の言葉や行動から傷つける理由を探す
●相手が自分を認めてくれないと、自分を相手のような人にはならないと誓って、相手を攻撃し続ける(誰かに悪口を話したり、その人のことを責める)
●相手に褒められると、自分から相手のご機嫌を取って、相手を自分の仲間にしたいと思う

誰でもありそうなお悩みもありますが、こういった悩みには自分の気持ちに正直に向き合う姿勢があれば効果が発揮されると思います。

自分の気持ちを理解することが出来れば、相手の方を知る機会になります。私たちの心はとても複雑で分かりづらい面もありますが、自分自身の理解が進むと誰でも簡単にRFTを使って、自分の変化を知ることが出来ると思います。


心のつながり

お悩み3

私たちが他者と関わる時に、実は取り繕った向き合い方をしていることをご存知でしょうか?私たちが、相手の雰囲気や表情、話し方などから無意識に読み取った、自分なりの読み取り方を使っていると言ったら驚かれますか?相手に対する自分の捉え方を基準にして、相手が自分をどう捉えているかという本当の相手の視点は見えません。自分の捉え方が基準になっているので、その基準を自分の“ビリーフ”が決めていることに気づけません。相手が自分をどう捉えて、自分をどう思って、相手のことを自分が本当はどう捉えているのか、など判断の基準にしたのは“ビリーフ”が影響している間違えた考え方です。自分の感覚で捉えて、相手が自分に接して醸し出す雰囲気などから、自分が相手の様子を見て、自分なりに解釈した捉え方によって、自分と相手を、自分の想像した相手とみなして、相手に合う振舞いをして見せて、相手と上手く関われるように持って行きます。

相手に対する自分の捉え方を知ることが、自分の子供の頃の心の痛み(“ビリーフ”)を知ることと言えます。過去の自分の痛みが生み出した、誤った相手への捉え方が、今の相手への捉え方になっていて、自分の誤った捉え方のベースである“ビリーフ”の、考え方が中の自分につながっていることを理解出来るようになると、自分の気持ちが、相手を誤解して関係を結んでいたことを理解します。相手を誤解した相手として、その相手をベースにした関係性が、自分を相手に合わせたあり方に変えています。相手への捉え方が変われば、相手を自分の思い通りの相手ではなく、自分の気持ちが居心地良く居られる関係を結べると思います。やりを大切に、お互いを大切にした関係性に変化させることが出来るのではないでしょうか。
自分が行動した理由を、誰かのせいにして、自分が相手のせいで人生を心の中の“ビリーフ”を否定するような、自分の心のあり様を相手に委ねて生きる今の自分を自分が否定していることの方が今よりも大事だと思う時、自分が相手よりも価値が無いと思っているというわけではありません。
自分を相手の次にして、相手を中心に自分を合わせていることには気づかないことが殆どです。
自分が相手をどう捉えているかすら、普段は見過ごして過ごしています。自分の相手への気持ちの中には、相手を自分よりも優先することによって、相手との関係性が良くなると信じ込んで、相手がどう自分を見て、相手がどう自分を捉えて、相手から自分はどう思われているのかを考えながら、自分の行動を決めています。それは“ビリーフ”の影響です。

同時に、相手が自分を見て、その人も自分に合わせた行動をしていることを、自分も気づいていません。

誰かの前で、自分らしく振舞っているつもりでも、無意識の領域では、相手の言動を自分で決めているつもりで、自分が話す内容・話し方・表情・相手との距離感などを瞬時に読み取って、相手と関係性を保つために、自分を無にして誰かを行動の理由にしています。相手を自分の行動の理由にしているというのは、相手がそういう態度だから自分もこう動いた、など、相手を自分の行動の根拠にして、自分を決定したのが“ビリーフ”と知らずに、相手への自分の捉え方を根拠にしています。自分がありのままで過ごすにはどうしたら良いのでしょう?

私たちのあり方を知るには、心を見つめる必要があります。私たちの心の中のいくつもの“ビリーフ”に向き合えば、なぜ自分がそのような行動をしていたのかを知ることが出来ると思います。“ビリーフ”が自分を形成するには、誰も見えない心の裏側にある、自分の行動の理由を知らなければ見えてこないと思います。

相手を自分の根拠にしていることを知らずに、自分の気持ちを理解することは出来ないと思います。自分の言動を理解して、自分のことを動かしていると思える相手ではなく、自分の“ビリーフ”に目を向けることで、

相手が、相手の思う通りに誰かとの関係性を築きたいなら、相手の強い言葉や態度によって、誰かを抑え込むような状態を作ります。反対に誰かがその相手を自分の思う通りにしたいなら、その誰かの強い言葉や発言で相手を抑え込んで、相手を何も言えない状態に持って行きます。お互いの関係性が“ビリーフ”で築かれているため、お互い自分の本音を言うことが出来ない状態です。お互いが“ビリーフ”を解消して、本音を言える状態になれば、心からの関係性を築くことも可能ではないでしょうか。

私たちの関係性には、お互いを“ビリーフ”で別の相手と捉えて見る、誤った相手を想像して接するという、無意識の造物を創り出す仕組みがあります。その仕組みの解消をすれば、お互いの関係はより良いものへと変わって行くでしょう。
私たちが知りたいのは、自分の内側の“ビリーフ”を生み出した、過去の記憶の“感情”です。

『RFT心理学(RFTをする前に)』をご参照下さい。(リンクをお待ち下さい)


店舗写真

information店舗情報

RFT心理学 サイトのご案内です。以下のリンクをご覧下さい。
『RFT心理学 サイトのご紹介』