本文へスキップ

心の秘密”ビリーフ”をお伝えするRFT心理学

RFTについて

Resistant Freedom Therapy(RFT)

Resistant Freedom Therapy―レジスタント・フリーダム・セラピー(RFT)は、優しい受容の言葉掛けをしながら、自分の内面の“感情”を変えて、生き方を変化させる心理セラピーのツールです。

自分の気持ちの気づけない“感情”に寄り添って、緩和させることが可能です。自分の“感情”を自分でケアすることが出来るようになります。自分自身の“感情”の解消を、自分の知恵で行うことは容易ではないと思います。

自分の“感情”を、自分自身の知恵で解消出来る方もいらっしゃるかも知れませんが、RFTを知って頂ければ、尚、解消が進むと思います。

私たちの“感情”には、自分では向き合いづらい点もあります。それは、自分の気持ち(飲み込んだ言葉)を見つけ出す難しさです。その気持ち(言葉)が見つかった時、解消は早く進むと思います。飲み込んだ言葉の解消が、心の負担を軽くします。RFTを進めるうちに、理解して頂けると思います。

RFTを続けると、自分自身では理解が出来なかった点が、分かるようになってくると思います。

RFTを続けて頂くと、自分のことを知らず知らず、いつの間にか、素直に向き合って、分かってあげたいと思うようになっていると思います。

RFTを続けてみて頂くと、自分をいつの間にか、好きになっていると思います。

RFTを続けてみて頂くと、自分をいつの間にか、誰よりも大切な存在だと思うようになると思います。


RFTの目的

RFTは、受容しながら、ご自分の内面に向き合う心理セラピーのツールです。

私たちの心の内面には、自分でも気づけない、“感情”があることに気づきます。
RFTは、自分にとっての“感情”の役割を教えてくれます。
ご理解頂きたいのは、“感情”が決して悪いものではないこと。
“感情”が誰にとっても大切で必要なその方の質であること。
その方が“感情”に気づいて下さったなら決して否定や抵抗など出来ようもないこと。

“感情”には、大切な働きがあります。

“感情”には、大切な役割があります。

“感情”には、大切な私たちを守る力があります。

“感情”は、自分で作ることが出来ません。

私たちの“感情”が教えてくれることは、“感情”の中には私たちの隠された秘密があるということです。

RFTはあなたの中で、自分の心の奥の裏側の扉をそっと開いて、おのずと変化を起こします。RFTは優しい気持ちを起こして、いつの間にか、自分を変えて行く心理セラピーのためのツールです。


店舗写真

information店舗情報

RFT心理学 サイトのご案内です。以下のリンクをご覧下さい。
『RFT心理学 サイトのご紹介』